読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験日記

2018年受験予定☆マイペースゲーム好き男子が何処まで出来るか見守るだけの日記

VS夫

夫は基本的に受験には反対派である。

理由:①足元見てる塾にバカ高い受講費を払うだけのメリットがないように思う
②自分は受験などせずに推薦で進学している(但しレベルは推して知るべし)
③小学生からこんな勉強ばかりする必要はない
④裕福な家庭ではない

大体こんな感じ。
それでも、情報収集をした上で今のうちにやっておいた方がメリットがあると考えた結果なのだけど、とうとう
「親の敷いたレールの上を走らせてる」
「おまえの見栄だ」
「俺の意見は完全に無視されている」
と言い出した為に大喧嘩に発展した。

正直な話、進学に関して何も現状を知らない夫の意見を聞き入れるメリットはないし、相当高い進学校に入れようとしてるなら、見栄と言われても仕方ないかもしれないけれど、そんなとこはそもそも目指していない。
長男自身が
「俺はやりたいこともないし、何かやりたいことが見つかった時の為に勉強しておくのは悪くないと思ってる」
と言って納得して塾に通っているのだから、と思ったが、それすらも私の洗脳によるものだというのだから、もう話にも何もならない。

塾の迎えも、駅から近い場所にある為、仕事の帰宅時に寄って貰っていたのだが、いつ終わるかわからないものを待つのは苦痛であり、わざわざ仕事の時間を合わせて帰るのもどうかと思う、とか言い出したので、それならば私が行くから結構です!と終わらせた。

なんでそんなに応援出来ないのだろうなぁ。
子供に少しでもいい環境を与えようと思えないのかなぁ。
不思議。